ピタログ花こま旅日記
全国各地を旅して巡り、そこで出会い感じたことを感じたままにつづります。
2018-11-13 揺れ動く気持ちを乗り越えて(秋の猿まわし&花こま公演)【兵庫県神戸市】
公演中に流される涙、思わず吹き出る笑い顔、感謝の念に堪えないうるうるとした瞳など、喜んで頂こうと全身全霊でこちらが臨んでいる時に、ふと客席のその様な姿が目に入ると、胸が熱くなり、感涙に堪えません。それでも、手を緩める訳にはいきません。持てる力で考え付く表現で、最後までやり切るのみです。利用者の皆さんのこの様な姿に、職員の方の喜びも、また格別です。上手く表現できない利用者の皆さんの分まで、私達に感謝やお礼を発して下さいます。いえいえ、そのためにこそ、私達は「公演」を行っているのでございます。こちらこそ、本当にありがとうございました!
演目:水口囃子、寿獅子、南京玉すだれ、猿まわし