ピタログ花こま旅日記
全国各地を旅して巡り、そこで出会い感じたことを感じたままにつづります。
2018-11-05 先人が生み出した芸能が今も子供たちに(秋の猿まわし&花こま公演)【大阪府大阪市】
園児達は盛んに「可愛い!、可愛い!」と連呼します!まるで、ぬいぐるみが動いているとでも感じているのでしょうか?綺麗な毛並み、愛らしい顔つき、まるで人間の様な動きの数々。人間がする仕草を、それを真似て演じてみせる「所作芸」の数々。「正座」「涙が出たのでハンカチで目頭に当てる」「赤ちゃんをおんぶする」「赤ちゃんを抱っこする」「赤ちゃんにお乳を与える」「赤ちゃんに手枕して寝かす」「正座でお辞儀」よくもこんな仕草を、昔の人は猿に演じさせようと考え付いたものだと驚かされます。大勢の人前では恥ずかしいのか、少々自信無げな「鉄平君」、ゆっくりでいいからお客さんに慣れていって下さいね。
演目:南京玉すだれ、そーらん節、寿獅子、猿まわし